SyntaxHighlighterが動かない!と思ったら
footerをチェック。

ブログで自慢のソースコードを披露したい!困った時に助けてくれたコードをみんなにも伝えたい!さまざまな理由でコードを書きたいものですが、<>でかこっちゃっちゃリすると表示されなかったり、いろいろあります。
 
そこでコードをキレイに表示させるためのWordPressプラグイン「Syntax Highlighter」がお役立ちなのは有名な話です。プラグインのインストールなどは他のブログ様の方が懇切丁寧に書いてくださっていますので省略。
 
私も、人様に自慢できるようなソースコードは作れませんが、メモ的な意味でもこのブログを活用したいので、「Syntax Highlighter」をインストールしました。
 
が、「Syntax Highlighter」が効かない。 
この「Syntax Highlighter」、使い方は至って簡単です。htmlを書きたい場合は[ html ]と[ /html ]とWordPressのショートコードを書いて、その間にコードを書くだけで以下のように表示されます。

 
<h1>瞳を閉じればあなたがまぶたの裏にいることで</h1>
<p>どれほど強くなれたでしょう。あなたにとってわたしもそうでありたい〜ん</p>
 

 

でも何故かこう表示される


< h1 >瞳を閉じればあなたがまぶたの裏にいることで< /h1 >
< p どれほど強くなれたでしょう。あなたにとってわたしもそうでありたい〜ん< /p >

あっれ〜?ですよね。
どこいったCSS。
 

結論はシンプル。footer.phpを見てみよう

ノンプログラマーの私は、HTMLのベタページを作り、それをWordPressのテンプレートに作り替えるという手段で作っています。乱暴な言い方をしてしまえば、headerとfooterなんて、HTMLのままでもぶっちゃけ良い訳です(おいおい)
 
さすがにheader.phpはWordPress的な扱いをするのですが、footerは得てして忘れます(おいおいおい) 
 
もしも、「Syntax Highlighter」が正確に表示されなかったら、footer.phpに以下のコードがちゃんと書かれているか確認してみてください。
 

 
<?php wp_footer(); ?>
</body>

 

ノンプログラマー的に・・・というよりは、もし動生成する必要がないのであれば、静的なページの方が読み込みも早いですし、使う必要のないPHPは使わないでいたいわけですが、最低限必要なものを記述しないでいると悲しいことになります。
 
同じように忘れがちなのが、header.phpのこいつですね。

 
<?php wp_head(); ?>
</head>

 
これらを書いていなくても、成り立つ場合もいっぱいあります。ですが、プラグインを利用する場合、この2つは必ず書いておくのが無難です。


中小企業・個人事業主様向けオリジナルデザインのホームページ制作 WEB屋くぇりのお手伝いできること

ホームページ制作は、コーディング技術やデザインセンスのほかにインターネットに関するさまざまな知識が必要です。
デザインしたり、プログラムを書いたり、どんな機能が必要か考えたり。
そして一番大変なのが、ホームページに掲載する内容を考えることです。

ただ美しいデザインのホームページを作るだけでは、なんの効果も得られない場合がほとんど。
それとは逆に情報を詰め込みすぎて伝えたい本質を見失ってしまう場合もあります。
だからお客さまが「ホームページを作ってなにをしたいのか」を明確にするところからご一緒させていただきます。

「どのプランを選べばいいの?」と思われたら、お気軽にお問い合わせください。
お客さまのご予算や状況にあったプランをご提案し概算でお見積もりいたします。
お見積もりは勿論無料です。
『くぇり』はお客様の疑問にお応えしながらホームページの方向性を一緒に作り上げていくのが得意なんです。

4つのプラン以外制作も承っております。
詳しくは価格表をご覧ください。

クリックするとメニューが見えるよ