出掛けないのでposemaniacsでデッサン練習

ゴールデンウィークだというのに風邪をひいてしまいました。
外に出れないので、仕事でもする・・・のも嫌だったので、お休みっぽく絵を描いて過ごしてみようと思います。
 
『WEBデザイナー』という仕事は『デザイナー』とつくので、鉛筆でラフを描いてとか思われている方もいらっしゃるようですが、あまり鉛筆を使う事はありません。人によっては使うのかもしれませんが、私はラフを描くときもいきなりPCを使いますし、紙を使うときは経費節減の為にチラシの裏を使います(笑)
 
でも挿絵やイラストを描いたりすることはあるので、定期的にデッサンの練習だけはやっています。やらないと訛るものなので。
 
デッサン練習をする時にとても便利なのがposemaniacs.comです。
 
絵の練習支援サイトで、3D人体モデルを完全無料で公開してくれている素晴らしいサイトです。数はもう数えきれないくらいあるのすが・・・(一説によると20,000体くらいらしい)
 
この人体モデル、ちょっと理科室にありそうな感じなのでちょっとひいてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、筋肉を意識して描けるのでむしろ気に入っています。

ポーズマニアックスの画像

好きなポーズを選んでじっくり描くのものもいいのですが、私がお気に入りなのが「30秒ドローイング」です。
どんなトレーニングかは、バッチリ解説されていましたので引用させていただきます。

30秒ドローイングは「脳の右側で描け」という本で紹介されている、クイックドローイングの訓練をベースにした、トレーニングアプリです。

この訓練は、複雑な視覚情報を高速に表示することで、強制的に脳の言語機能をオーバーヒートさせます。 このため右脳優位の状態を保った状態で、ドローイングの練習を行うことができます。

また右脳をONにする方法とあわせて、短時間でモノの特徴を把握する力、最小限の情報量(線の数)で、情報を伝達する力を養うこともできます。

ポーズマニアックスの紹介画像
ポーズが切り替わる時間は自分の力量にあわせて設定することができます。私は無理せず90秒です。
 
とりあえず15ポーズくらい描いたところで練習終了。というのが、わりと疲れるんですよ(笑)どんどんモデルが切り替わって行くので、追いかけるように描いて行く感じです。上級者の方は疲れることないのでしょうが(汗)
 
そういえば昔、某専門学校のデッサン練習に生徒でもないのに参加させていただいたことがあります。いわゆる裸婦です。その時、先生の方が「モデルが女性の時だけ男子生徒の出席率が100%になる」とぼやいておられたのを思い出しました。(笑)


中小企業・個人事業主様向けオリジナルデザインのホームページ制作 WEB屋くぇりのお手伝いできること

ホームページ制作は、コーディング技術やデザインセンスのほかにインターネットに関するさまざまな知識が必要です。
デザインしたり、プログラムを書いたり、どんな機能が必要か考えたり。
そして一番大変なのが、ホームページに掲載する内容を考えることです。

ただ美しいデザインのホームページを作るだけでは、なんの効果も得られない場合がほとんど。
それとは逆に情報を詰め込みすぎて伝えたい本質を見失ってしまう場合もあります。
だからお客さまが「ホームページを作ってなにをしたいのか」を明確にするところからご一緒させていただきます。

「どのプランを選べばいいの?」と思われたら、お気軽にお問い合わせください。
お客さまのご予算や状況にあったプランをご提案し概算でお見積もりいたします。
お見積もりは勿論無料です。
『くぇり』はお客様の疑問にお応えしながらホームページの方向性を一緒に作り上げていくのが得意なんです。

4つのプラン以外制作も承っております。
詳しくは価格表をご覧ください。

クリックするとメニューが見えるよ