会社員の平均年収程度に稼ぐフリーランスWEBデザイナーの働き方

一言にフリーランスWEBデザイナーといっても収入の幅は大きい。

 
フリーランス・個人事業主として活動を始めると、休暇って取りづらい精神状態になることもあります。「働いた分、収入が増える!」の反対で「休んだ分、収入が減る!」ってのがありますからね。でも人間、たまには休みが必要です。そこできちんと連休を取ったわけですが、実は連休初日に脚を6針縫う怪我をしてしまい、結局は病院で終わってしまいました。
 
そんなケガですから当然のことながら連休明けにサクっと治るわけもありません。どうにか歩くこともできるようになってきましたが、これで満員電車通勤は絶対に無理です。自転車通勤もできるわけがありません(ちなみにロードバイクで転んでケガしました)。車通勤だったとしても、突然やってくる痛みでアクセル踏み切ってしまいそうです。

こんな時、本当にフリーランスで良かったなと思います。
だって、仕事場所は基本的に自宅です。PCの前に座ることさえできれば仕事ができます。
 
友人や知人にこんな風に説明すると「うらやまし〜」と言われますが、これが本当にいいもの?と聞かれればそうでもありません。そしていつも遊んでいるようにも思われたりします(笑)
 
他のフリーランスWEBデザイナーの方々も、ご自身の生活を紹介していたりします。というわけで、遊んで暮らしているという周囲の誤解を晴らす為にも、簡単に紹介したいと思います。
 
とはいえ、フリーランスのWEBデザイナーといっても、収入によって働き方は全然違います。月100万円以上稼ぐ方もいらっしゃれば、扶養控除範囲内で働く方もいらっしゃいます。
今回は「主婦で女性会社員の平均年収程度に稼ぐフリーランスのWEBデザイナー」の生活と思っていただければ幸いです。

<追記>
この記事を書いてから3年が経過し、生活や収入にも変化がありました。記事の後ろの方で、2017年時点の現状を追記しています。この3年間の間に起こしたアクションなども書いていますので、ご参考までにどうぞ。

AM7:00頃 起床

会社員時代はもっと早起きだったのですが、今はゆっくりになりました。朝食の準備や主人のお弁当を作って、毎朝ドタバタしています。私は夕食に炭水化物を避けて軽くし、そのかわりお酒を飲むため、朝食は絶対にかかしません。ついでに食後のコーヒーと一粒チョコレートも欠かしません(笑)

 

AM8:30 家事開始

大急ぎで洗濯物を干したり食器を片付けたりします。かなり戦争です。ですが、ここで身体を動かすことで、脳みそに血がまわるような気もしています。ついでに最近はじめた家庭菜園の水やりも楽しいです。

nasu

 

AM9:00 メール分類(9時より前にやってる場合が多いけど)

個人事業主のお客様と多くお取り引きさせていただいておりますので、業務終了後に事務作業をされるのか、夜中にメールがわんさかやってきます。私はまず「即対応」「なる早対応」「午後対応」と3つの分類に分けます。分け方の基準ですが、トラブルや緊急のご質問、業務連絡は「即対応」、お見積もりのご依頼やご相談、またミーティングの日程調整などは「なる早対応」、サイト運営に関するご質問は「午後対応」になることが多いです。サイト運営に関するご質問が午後対応なのがちょっとアレなんですが、じっくりご返信したいので後回しにさせていただいています。くぇりは個人事業主の方や中小企業の経営者の方が直接お問い合わせいただくケースが多く、時間ある時にじっくり読んでいただければというのもあったりします。

 

AM9:30 WEBサイトチェック

私が制作したり関わらせていただいたWEBサイトは1日1回簡単にですがチェックするようにしています。コーヒー飲みながら、ちゃんと表示されているか?程度ですが。それとAnalyticsでザックリとPV数などをチェックします。ブログ更新もバッチリチェックさせていただいてます。なので私の悪口を書いたりしないでください(笑)なにか問題があればすぐにご連絡します。WEBサイトが正常表示されない=ビジネスチャンスの損失ですので。

 

AM10:00 業務開始

いよいよ業務開始です。やる内容は日によって異なります。WEBサイトの新規制作・リニューアルの案件を頂戴している場合は、午前中の頭がぼーっとしていない時に集中して作業します。また日課のWEBサイトチェックで万が一問題があった場合も当然午前中対応です。
思いっきり書いてしまいますが、月初はアクセス解析レポートを作っていることが多いです。それと五十日はPPC広告関連の仕事が多かったり。そしてフリーランスの特徴として「事務でもなんでもひとりでやらなきゃ」なので、月末はお金関連です。フリーランスの場合、お金のことを確定申告前に集中して行う方も少なくないようですが、私は毎月カチッと締めています。自分のモチベ維持のためにも、お金のことはしっかりしておくべきだと思っています。月額管理料を頂戴しているお客様には請求書と同時に月間作業報告書を作業項目全部書き出してお出ししているのですが、これもモチベアップのためにはとても重要です。「やべ、今月あんまやってなかった」みたいなこともあったりなかったり(汗)「作業しなくてすんでラッキーw」と思わずに、ひとりで仕事をしているからこそ、自分自身でケツ叩く材料をわんさか用意して生活しています。おかげでか、月額管理に対してクレームをいただいたことはありません。「いつもありがとう」と言ってもらえると、めっちゃ喜びます。
 
経理のバッチリな知識なぞ持ち合わせておりません私ですが、これを使ってなんとかやっています。1年使ってみましたが、使い勝手はいいです。



 
ちなみにくぇり(うちの屋号)に今までに頂戴したご質問やクレームをまとめた記事もありますので、興味ある方はのぞいてみてください。

個人事業主向けホームページ製作者へのよくある質問

昔はディスプレイによって色が全然違うとか、そういうのもいろいろありましたが、最近はあまりなくなりました。そのかわり、クレームの内容が極端になったかもしれません・・・。

 

PM00:30 休憩

人間、集中力なんてそんなに保ちません(笑)お腹が減ってくると仕事もはかどらないので、お昼のワイドショーを観ながらランチです。というか残り物処理です。この辺が完全に主婦ですね(笑)会社員時代は昼休憩の時間も作業していることが多かったのですが、今はちゃんと休憩するようになりました。ちなみにずっと「ワイドスクランブル」を観ていたのですが、時間が変わって12時からは「徹子の部屋」が放送されるようになったため、徹子さんには申し訳ないのですが、「ひるおび」を観るようになりました・・・ど〜でもいい〜(笑)
あとSNSのチェックしたりもします。

PM01:30 作業

午後対応のメール返信や作業の続きです。画像を作ったりするのも午後にやることが多いです。デザインや絵を描いたりするのはある程度まとまった時間が必要になるので・・・気づいたら残業して帰って来た主人が後ろに立ってたということもありますが、できるだけそういうことがないように・・・とは・・・思っています(笑)
 
途中、洗濯物を畳んだりしながら休憩します。テレビはつけません。あと作業でハマったりすると掃除機かけて気分転換します。
 
あと、いくつかブログをやっているのでそれを書いたりしています。アフィリエイトで副収入的な、主婦的なアレです。

PM05:00 スーパーへ買い出し

夕市に走ります(笑)

PM06:00

夕飯の支度をしながら、夕方対応にしていたメール返信などをします。ついでに夕食まで時間があれば趣味のWEBサイトを作ったりしながら勉強しています。まだまだインターネットは成長途中の業界です。勉強することをやめたらあっという間に置いていかれてしまいます。『WEBデザイナーに必要なものはデザインセンスよりも留まるところを知らない知的欲求心だ』とどこかの偉い人が言っていましたが、それは本当だと思います。で、仕事とは関係ありませんが、最近思うところあって家庭教師のトライ式高校受験の英語ドリルをやってます(笑)

 

徹夜はしません。

20:00以降は大好きなお酒を飲みながら、本を読んだりゲームやったり、ふっつうです。たま〜に仕事してたら日付変わってたみたいなこともありますが、極力避けます。
 
フリーランスで仕事していると、代わりに誰かがやってくれるなんてことはありません。体調管理と心情管理には気をつけています。
 
・・・と言いながら盛大にケガしたんですよねぇ。
カッコつかないなぁ。

 

と、それから3年経ち、生活や収入にも変化が起こる

当時は旦那さんと2人暮らし、賃貸生活でした。あれから3年経過し、郊外にマイホームを購入、出産し、今も二人目の子供を妊娠中です。
おかげさまでWEBデザインのお仕事は続けさせていただいています。
一人目の子供を出産するまでは、このブログ記事のタイトル通りに「女性の平均年収程度」の収入で、このブログ記事とあまり変わらない生活を送っていましたが、出産後状況が大きく変わりました。
前述した「ワイドショー」は見る時間などなくなり(ついでなのでTV廃止しました)、楽しみだったスーパーでの夕市にも参加できなくなりましたw

産休に伴い収入が激減する

産休とはいっても、完全に仕事を休んだわけではありません。里帰り出産などはしていませんが、生まれたばかりの子供はほぼ寝ていますのでチョロチョロ仕事をすることは可能でした。ですが、WEBサイトを丸っと受注するとなるとさすがに厳しく、産後数ヶ月は新規制作の受注をストップしたため、サクッと収入は減りました。またどういうわけか(あらかた想像はできますが)10月〜12月になるとWEB制作の引き合いが増える傾向にあり、この期間の受注が翌年の収入を決めるといっても過言ではない状況の中、まさにこの時期に産休だったため、翌年の確定申告はとっても気が楽でした(笑)。その間やっていたことといえば、産休明けの準備。ちょうど「起業女子」がブームだったこともあり、女性起業家向けのサービス展開などを模索しつつ動いていました。

仕事は増えるが収入は伸び悩む

一人目の子供が7ヶ月の頃、保育園に入れることができましたので本格的に仕事を再開しました。が、収入は伸び悩みます。産休中に考えていた「起業女子向けサービス」はそれなりの件数受注しました。ちなみに行った営業活動はアメブロとFacebookと起業女子が集まるお茶会への参加。人脈は確実に広がり、仕事量は格段に増えましたが、収入は伸び悩みます。
 
単純に、「受注単価が低かった」というか「低く設定しすぎた」んです(笑)。とはいえ、売れる商品は「アメブロヘッダー」や「イラスト制作」が中心で、作業量の割に売価を高く設定できないものばかりでした。家族は増え、仕事量も増えたんですからそりゃもう毎日が戦争。久しぶりに体重が30kg台に突入し(低身長なので死にはしません)、結構なお疲れ様でしたね。休日はほぼ皆無。睡眠時間は削られ、常に焦っている、そんな生活を半年ほど続け、気づきます「ダメだこりゃw」。

苦労の副産物を抱えて戦い方を見つめ直す

そうこうしている間に、ポツポツと自分のホームページからWEBサイト制作へのお問い合わせをいただきます。それらを受注する中で「アメブロヘッダー」や「イラスト制作」はフェードアウトしていきました(今もたまにご発注いただきますが)。もちろんお茶会で広げた人脈を駆使し人員を増やし、起業女子様向けコンテンツを継続させることもできたわけですが、自分自身、起業女子として活動してみて「なんかいろんな面で健全じゃない経済活動だ」と思うところあり、積極的に営業しようと思わなくなったというのが本音です。

こうして仕事の件数自体は減りましたので、1件1件私なりにできる限りコミットしました。デザイナーですので、デザインするのは当然なのですが、産後の低迷期に学んだことは多く、自分で言うのもなんですが、この間で提供できる事柄の幅も広がりました。もともと「ホームページはただ作るものじゃない」と言う思いは強く、お客様と二人三脚でと言う気持ちはありましたが、それがさらに強くなりました。結果、ご紹介やリピートにつながってきたのかな?と、本当に有り難く思っています。収入はこの記事を書いていた3年前の2.5倍程度になりました。この記事の冒頭にも書きました「月100万以上」も「扶養の範囲内」もバランスよく経験したってわけです。
 
子供は思いっきり遊ばせてくれる保育園が本当に楽しいみたいで、自宅で育てるよりも良かったのかな?と思っています。ただもう少し、保育園から帰ってきてからのスキンシップタイムを増やせたらな・・・と言う思いはあります。家事はめちゃくちゃ早くなりました。そうでもしなければフルタイムで働きつつ子育てなんて・・・できるのかな・・・できるならその方法知りたいな(家事代行とか使えっつう話すかね)。そんなこんなで、ここからさらに業務のクオリティーを高め活動を広げていこう!積極的に活動していこう!と思った矢先、また妊娠しました(笑)。あらやだ、またなんか学べってことかしら?
 
これまでいわゆるダブルインカムで生活してきましたが、自分の年齢や仕事量、子育てなどなど思うところあり、夫婦で相談した結果、今回は主人が育休ついでに退職することにしました。大手企業でもない限り、男性の育児休暇取得は難しいのが現状です。会社にそのような制度があったとしても、難しいもんです。とまぁ、出産とともに大黒柱になるってなかなかの恐怖体験ではありますが(笑)、思うようにジタバタしてみようと思います。そのうち、時間ができたら「旦那君の主夫日記」とか漫画にしてみたいです(笑)。

 

まとめ フリーランスは全部自分次第!だがそれが良い!

会社員と違って、産休による手当などありません。ので個人事業主・フリーランスの人間は有事の際の貯蓄などちゃんと考えておかないとなぁと心底思います。子供居なければここまで考えなかったかもしれませんが(笑)。それでも自分が思うように活動し、自分の持てるすべてを武器にお客様の事業を盛り上げるお手伝いができるこの仕事に、心底やりがいを感じています。2人目の産後、またきっと生活は変わるはずです。そしたらまた結果をご報告しますね。


中小企業・個人事業主様向けオリジナルデザインのホームページ制作 WEB屋くぇりのお手伝いできること

ホームページ制作は、コーディング技術やデザインセンスのほかにインターネットに関するさまざまな知識が必要です。
デザインしたり、プログラムを書いたり、どんな機能が必要か考えたり。
そして一番大変なのが、ホームページに掲載する内容を考えることです。

ただ美しいデザインのホームページを作るだけでは、なんの効果も得られない場合がほとんど。
それとは逆に情報を詰め込みすぎて伝えたい本質を見失ってしまう場合もあります。
だからお客さまが「ホームページを作ってなにをしたいのか」を明確にするところからご一緒させていただきます。

「どのプランを選べばいいの?」と思われたら、お気軽にお問い合わせください。
お客さまのご予算や状況にあったプランをご提案し概算でお見積もりいたします。
お見積もりは勿論無料です。
『くぇり』はお客様の疑問にお応えしながらホームページの方向性を一緒に作り上げていくのが得意なんです。

4つのプラン以外制作も承っております。
詳しくは価格表をご覧ください。

クリックするとメニューが見えるよ